Me ke aloha pumehana.


by aloha113diary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

健康診断へGO!

今日は、1歳になった事だしそろそろ健康診断行っとく?って事で。

「先生の所行くけど、行く?」の声に大興奮Ψ(`∀´)Ψ

嫌がって・・・ではないんです。嬉しくて・・・らしいんです。

かかり付けの病院までは歩いて5分の距離。

ルンルンで、病院が見えたら「早く入るんだっ」とばかりに先へ先へ急ぐんです。

「今日はALOHAはどうしたかな?」と先生。

「どうもしません。1歳になったし健康診断してもらおうと思って。」とわたし。

「じゃあいくつか質問に答えてくださいね~」と先生。

「は~い」とわたし。

問診も全てクリア!

触診も全てクリア!

健康優良児との事で、健康診断は終了♪

心音についても今の所問題は無いそうです。

(。´・ω・)ん?ALOHAったら小刻みに震えてるけど?怖いの?

さっきまでの勢いは!?どこ行っちゃった!?

きっと勘違いしてたんじゃないかな・・・。診察台で終わりの声と同時に抱っこ!!!(笑)

それで、今日は他に患者さんがいらっしゃらなかったので、先生とおしゃべり。

というのも・・・いまだにわが家では『避妊手術』を悩んでてσ(-c_-´。)

また同じ事をくり返し聞くわたしに親身になって答えてくださる先生。

わが家では、ALOHAに赤ちゃんを産ませる事は考えてないんです。

その考えが固いならば、年老いてからのリスクを考えて手術したらどうかって。

手術をした場合の良い点を先生は分かりやすく説明してくれて。

でも、「とにかくじっくり家族会議を開いて考えて下さい。」って事で帰ったんですね。

HARISは避妊手術はぜす、子宮が腫れて膿んじゃって、8歳で手術をしました。

パグの血を引くHARISの心臓は一瞬耐えられなくなって止まってしまいました。

蘇生処置を施し、無事に一命は取り止める事が出来ました。

8歳・・・もしALOHAが避妊手術をせずに子宮が悲鳴を上げたら・・・?

もともとキャバリアは心臓疾患のある犬種。

年老いてからの手術での成功率を考えたら、今の内に・・・。

2度目のヒートがもうすぐ来ます。あの『いちじく時期』がやって来るのです。

今夜、家族会議を開き、ちょっと再度検討をしたいと思います!

a0101958_18175484.jpg

「あたちの話?」
「うん、そうだよ。ALOHAのお話だよ。」
a0101958_18192178.jpg

「ふ~ん」
「・・・ってさぁ、最近そこ好きだよね?」
a0101958_18203190.jpg

会社の鉢植えなんかが置ける台があって、そこで裏庭に来る猫を待ってるんです。

朝なんか、南向きのその場所は日差しが強くて暑くなるにもかかわらず・・・。

1人じゃ到底登る事の出来ない、ALOHAにとっての聖地・・・なのかな(´ヘ`;)
[PR]
by aloha113diary | 2008-02-19 18:32 | Aloha’s every day.